« 繻子 | メイン | 段熨斗目 »

緞子


どんす

織物の一種。「金襴緞子」などとも言われ、高級織物の代名詞でもある。繻子織の光沢ある地に、地とは異なる組織で模様を織り出す。複数の色糸で複雑な美しい模様を表現することもある。中世に中国から伝わって珍重され、天正(1573~1592)頃には京都西陣でも織られるようになったという。揚幕や山などの作り物を覆う布、僧が着用する角帽子や腰などに多く用いる。同じ紋織物でも、織った後に精錬・染色するものは綸子で、着物として用いることが多い。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.