« 江戸段 | メイン

畳紙


たとうがみ

装束を保管する際の入れ物。厚手の和紙を貼り合わせて大きくし、収めるものの大きさに合わせて折ったりして作る。防虫や防水などのために柿渋や漆などを塗ることもある。表には収めるものの名称や制作時期、所有者を書き付けることが多い。伝来などを記すこともある。贅を凝らした能装束は、布(広げた真綿をつけることもある)で包んでから畳紙に納めることも多い。「たとう」ともいう。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.