« 能面 | メイン | 面打 »

狂言面


きょうげんめん

狂言で用いるのこと。狂言はを掛けずに演じる役柄が多いため、種類はよりかなり少ない約30種類である。大別すると、老若の女、男性の老人の、鬼や神の、動物のなどがある。「式三番)」で三番叟三番三)に用いる黒色尉(こくしきじょう)は、三番叟狂言方が担当するため狂言とすることも、先行芸能の舞のとして白色尉や父尉などととともにに分類することもある。と同様に「おもて」と呼んで大切に扱うが、舞台上では何かに化ける際の「おめん」などとして小道具的に用いることもある。制作者や材料などもと共通するが、のように厳密な写しが求められることは少なく、表情の幅も大いに愛でて使われることが多い。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.