« ヒネル | メイン | 能楽協会 »

ネル


ねる

足袋の裏地に用いる布。綿糸で織った布の表を毛羽立たせてある。肌触りが柔らかく暖かいので、一般の冬用の足袋裏に、起毛を内側(肌に当たる方)に出して用いることも多い。能では、ふっくらとした美しい足元を見せるため、季に関係なくネル裏の白足袋を用いる。狂言方が履く黄足袋の裏地は、履く人の好みや足袋店の仕様により異なるが、起毛が裏に出ないよう生地を返して製することが多い。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.