« 紋大口 | メイン | 三修羅 »

模様大口


もようおおくち

大口の略称を大口というが、通常は白地(白大口)、または色地(色大口)でいずれも無地である。これに対して、模様が織り出してあるものを「大口」または「模様大口」という。一見すると「半切」に似ているが、半切は鬼神や武将などの強い役に相応しく、金襴などの生地を用いた派手で大柄な模様が多いのに対し、大口は優美な女性や公達に相応しい模様が多い。また、半切の後ろ側は、畳表を芯にして張りを持たせているのに対し、大口の後ろ側は地厚な畝織にして張りを持たせてあるのが特徴である。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.