« 模様大口 | メイン | 三卑賤 »

三修羅


さんしゅら

戦とともに一生を送り、死後、修羅道に堕ちたとされる武者の姿を描く「修羅物」(二番目物)のうち、内容が特に深かったり、他の曲にはない演出であったりすることから演じることが難しいとされる『実盛』『頼政』『朝長』の三曲の能をいう。『実盛』『頼政』のシテは老武者、『朝長』のシテは全く別人であるシテシテを演じる。三曲ともに負け戦の武将を題材とした「修羅物(まけしゅらもの)」である。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.