« 能楽 | メイン | 水桶 »


つえ

能狂言では多くのが用いられる。演出のためのもので、演者の体を支えるものではない。主に竹を素材とするが、相応しい種類の竹の美しい部分を、演者に合わせた長さに切って用いる。「養老」「忠度」などに用いられる老人、「弱法師」「蝉丸」などの盲目、「善知鳥(烏頭)」「藤戸」などの幽霊、「関寺小町」「卒都婆小町(卒塔婆小町)」などの老女、「山姥」の鹿背がある。の扱いは演目、役柄に応じて伝承があり、演目によってはを前について一休みする〔休息〕など印象的な型もある。通常のと異なるものに、「安宅」の金剛、「葵上」「道成寺」などの打がある。狂言も鬼、盲目、早打のなどがある。中でも「釣狐」のは、白蔵主稲荷を祀る大阪府堺市の少林寺に参拝し、境内に生える逆芽竹を御祈祷いただいて用いるわしがある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.