« 冠紐 | メイン | 帯取の緒 »

露紐


つゆひも

広袖の装束の袖口下にれる紐のこと。狩衣の袖口には袖括りの紐があるが、紐の両端を袖口の下で結んだ余りを先)と言い、袖括りの紐を紐と言うこともある。長絹や直に袖括りの紐はなく、は袖口の下に直接つける。長絹は絹の組紐、直の場合は革の平紐のをつける。袖括りの紐は本来、活動の際に袖口が邪魔にならないように引き絞って手首に結ぶためにあるが、舞台でそのような使い方をすることは稀で、装束の装飾であることが多い。舞のはじめなどに両袖のを手に持つ型をすることがあるが、これを「を取る」という。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.