« 露紐 | メイン | 下居 »

帯取の緒


おびとりのお

太刀は本来、鞘の足金物につけた革緒に紐を通し、この紐を腰に巻き付けてぶら下げて佩く。この革緒を「取の緒(または取)」と言い、取の緒に通して腰に巻き付ける紐を「太刀の緒(または取の緒)」という。能狂言で太刀を佩く場合は、基本的に取の緒(革緒)は用いず、固くしっかり組んだ平たい組紐(亀甲組が多い)を鞘に直接絡げ、絡げた紐を腰に巻き付けることで固定して佩く。この紐を「太刀紐」と言う。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.