« 長範頭巾 | メイン | 花鏡 »

こはぜ


こはぜ

足袋の甲の外側の布端、かかと側についている薄い金具のこと。甲の内側の布についている掛け糸に引っかけて使う。江戸時代前期までの足袋は紐で足に固定していたが、江戸時代中期ころからこはぜが用いられるようになったという。地域や好みによって4枚、5枚などがあり、の場合は座る時間が長いことから足首に自由度がある4枚こはぜを選ぶことが多い。こはぜには店名やサイズが記されるほか、誂え足袋では注文者の名前を刻印することもある。漢字では「小鉤、甲馳、鞐」などと書く。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2023 CaliberCast, Ltd All right reserved.