« 花鏡 | メイン | 小結烏帽子 »

剣先烏帽子


けんさきえぼし

被り物の一種。「能にして能に非ず」と言われる神事・祈祷曲である「式三番)」の中で、三番三三番叟)を演じる演者が用いる。烏帽子の頂を折らずに立てた形の立烏帽子で、頂が鈍角に尖っており、錆(皺)が横縞状に出ているのが特徴。和紙で形を作り、漆を塗る。通常は黒地だが、特別な折には金地のものを用いる流派・家もある。他の烏帽子と同様、組紐烏帽子紐を顎下で結わえて頭に固定する。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2023 CaliberCast, Ltd All right reserved.