« 胸箔 | メイン | ボウジ »

織箔


おりはく

女役が装束の一番下に着る小袖に摺箔がある。摺箔は型紙を用いて布に糊を置き、その上に金銀箔を貼って模様を表すため、擦れや汗に非常に弱い。この欠点を補うため、金糸(または銀糸)を織り込んで模様をあらわしたものを織箔という。しかし、金や銀の色目が摺箔織箔では異なるため、摺箔を好む演者も多い。裏地がついた袷である。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2012 CaliberCast, Ltd All right reserved.