« 片幕 | メイン | 階 »

後座


あとざ

本舞台に向かって左後方にあるシテ柱と、右後方にある笛柱を結んだ線より奥の部分のこと。後座の奥には老松(おいまつ)の絵が描かれた鏡板(かがみいた)がある。後座の天井の高さは、奥に向かうほど低くなり、反響板の役割を担っている。囃子方後座の前方に、向かって右から笛・小鼓大鼓太鼓の順に座を占める。後見後座の左奥に座るが、この部分を後見座と呼ぶ。本舞台の床板は奥から手前に縦に板目が通っているが、後座は板目が横になっていることから、後座のことを横板(よこいた)とも呼ぶ。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.