« 赤頭 | メイン | 常の扇 »

白頭


しろがしら

演者の頭部につける「かつら」の一種。本来はヤク(チベット産のウシ科の動物)の毛で製するという。前髪は額を広く覆い、脇の髪は肩につくほど、後ろ髪は背中に長くれさがるの長さがあり、色は白色である。能では老体の超人的存在の役に、狂言でもごく稀(「野老」のシテなど)に用いられる。白頭のほかに、赤頭黒頭があり、役柄や演出に応じて使い分けられる。また、小書(特殊演出)の名称でもあり、「はくとう/しろがしら」と読む。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.