« 極リ模様 | メイン | 日数能 »

別火


べっか

祭祀である「式三番()」を勤めるにあたり、演者が精進潔斎のため一定期間の物忌みをすること。式三番を勤める演者は別火の間、神聖な火で炊事などを行い、日常の火の穢れを忌んで他の者とは用いる火を別にする。このことから「別火」の名がある。別火の期間は七日や三日など様々であったというが、現在では簡略になってきている。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ協賛運営会社
Copyright© 2018 CaliberCast, Ltd All right reserved.