« 豊臣秀吉 | メイン | 雑能 »

相舞


あいまい

二人以上の演者が同じ舞を同時に舞うこと。連舞(つれまい)ともいう。能では、曽我の十郎・五郎が二人で舞う「小袖曽我」、静御前の霊とその霊が憑いた菜摘女が同装で舞う「二人静」、大勢の猩々が舞う「大瓶猩々」などがある。狂言にも、無事年貢を納めた二人の百姓が、喜びの心で三の舞を相舞する「松楪」などがある。特殊な例では、「式三番()」の異演式である「弓矢ノ立合」「船ノ立合」で、シテ方の異流競演による相舞もある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.