« 中正面 | メイン | 猿楽 »

腰巻


こしまき

装束の着方のひとつ。「羽衣」の天女など、能に登場する女性の役に多く用いられる。摺箔着付の上に縫箔などの小袖を着流しに着て、両袖は手を通さず後ろにらし、肩脱ぎにした部分を腰に巻きつけるようにする。また、能「葵上」や「道成寺」のシテは黒地に紋尽しの装束腰巻にするのが決まりだが、このような腰巻専用の装束も「腰巻」と呼んでいる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.