« 壺折 | メイン | 脱下げ »

姥着け


うばづけ

装束の着方のひとつ。表着である唐織などを着流しに着て、胸元の衿を大きく広げずに合わせた着方。姥の役に多く用いられる。上に水衣を羽織ることも多い。唐織など能装束の小袖の衿は広幅だが、姥着けの際は通常の和服ほどの衿幅に折り畳んで着付ける。姥の役の場合、着付は姥着箔が使われることが多い。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.