« 左右 | メイン | 足拍子 »

角取り


すみとり

能・狂言の型のひとつ。本舞台に向かって左手前の角、目付柱の近くを「角(すみ)」というが、演者がこの角まで行って止まり、正に向き直って足を引き揃えること。観客に最も近い置での演技であり型の決め所でもあるため、右に小回りをしてから角を取るなど型を加えることもある。角取りの後は、本舞台に向かって右手前のワキ座の方向に向きを変えて進むことが多い。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.