« 足拍子 | メイン | 膝行 »

安座


あんざ

能・狂言の型のひとつ。足を組み、胡坐(あぐら)をかいて座ること。斬組ミ(きりくみ)で斬られたときや鬼が調伏(ちょうぶく、こらしめられる)されたとき、失意の表現などにも用いられる。座っている間の姿勢や立つときの姿を美しく見せるため、臀部を日常の胡坐のように床につけるのではなく、片方の足の上にのせることが多い。飛び上がって空中で安座の構えになって着地する「飛ビ安座」という型もある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.