« 膝行 | メイン | 乱拍子 »

千歳ノ舞


せんざいのまい

天下泰平・国土安穏の祈祷曲「(式三番)」で千歳の役が舞う舞のこと。の舞の前に払いとして舞う。前後二からなる颯爽とした晴れやかな舞で、三拍子の独特な譜を小鼓三調で奏し、笛一管であしらう。千歳の役は、観世、宝生の上掛リではシテ方の演者が、金春、金剛、喜多の下掛リでは狂言方の演者が勤める。狂言方が千歳を勤める場合は、箱持(めんばこもち)の役も兼ねることになっている。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.