« 下リ端之舞 | メイン | 白垂 »

黄鐘早舞


おうしきはやまい

能の舞事のひとつ。恨みや執心を持った男の霊が心を和らげるなどして軽やかに舞う舞。「松虫」「錦木(にしきぎ)」などでシテが舞う。笛・小鼓大鼓で奏す大小物である。正式には五構成で舞われるが、三に舞うことも多い。通常の早舞は盤渉舞ともいい、舞の途中から高い調子の盤渉調となるが、黄鐘早舞はその名称の通り、最後まで黄鐘調で奏する。なお、早舞を舞う演目を初番目にして上演する場合、早舞黄鐘早舞に変えることがある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.