« 延命冠者 | メイン | 責メ »

音取


ねとり

能の特殊な囃子事(一曲の中で、囃子が主となる部分)のひとつ。付の能や老女物の能などで、一曲の始まり(主にワキの登場)に際して笛が奏するもの。小鼓による「置鼓」と併奏するので「音取置鼓」ということもある。曲趣に応じて「真ノ音取」「音取」などがあり、付の脇能では必ず「音取」を演奏するが、古くは付の能などで奏することもあったという。また、能「清経」に「恋ノ音取」などの小書がついた時に奏される、笛方の重いいの特殊な音取がある。これは、笛一管の音にひかれるように、シテが静かに舞台に現れる独特なもので、笛方は通常よりも舞台の前方に出て、幕を向いて演奏する。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.