« 責メ | メイン | 問答 »

ノット


のっと

「祝詞(のりと)」の意で、漢字で表記することもある。神職や巫女の役が、神を祭って祈るときに神前で謡うもの。本職の祝詞に似せたものとも言われ、低音域を中心に拍子に合わずに謡う。能「鉄輪」「小鍛冶」「巻絹」などにある。また、「ノット」を謡うときなどに奏する囃子の手組も同じ名称で、小鼓が拍を刻むように打ち続けるのが特徴的で、笛と大鼓が入る。狂言でも「禰宜山伏」などでノットの謡が謡われる。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.