« 読物 | メイン | 地頭 »

独吟


どくぎん

謡の聞かせどころを、一人で舞台に座って謡うこと。囃子は伴わない。「玉之」(海人/海士)、「鵜之」(鵜飼)などの物や、クセキリなどを謡うことが多い。また、能のなかで役一人で謡う場合も「独吟」ということがある。なお、いずれの場合も、二人以上で謡う場合は「連吟」という。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.