« 掛合 | メイン | 黒川能 »

切戸口


きりどぐち

舞台に向かって右側、若竹が描かれている「脇の鏡板」の一角にある小さな出入口のこと。身をかがめて通る程の大きさで、引戸になっている。後見や地謡の出入りのほか、用の済んだ役が目立たないように退場する際にも用いられる。仕舞居囃子など、簡略化した上演形式の際の登退場にも使われる。臆病口、忘れ口ともいう。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.