« 手組 | メイン | 留め »

手猿楽


てさるがく

能は室町時代、職業的に舞台を勤める大和猿などの芸能者によって大成したが、その隆盛に伴って、他に本業を持つ素人の芸能者も現れた。また、素人の出ながら職業的に活動する者も数多くあった。これら素人の芸能者集団と、彼らが演じた舞台を「手猿」という。専業の役者をしのぐ活動をする者も多く、本願寺の坊官で金春流の上手とうたわれた下間少進(しもつましょうしん、1551~1616)はその代表格である。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.