« 六義 | メイン | 離見の見 »

呂中干


りょちゅうかん

能の舞は八拍がひとつの小(一クサリ)で、「中之舞」「神舞」「早舞」「序之舞」などの基本のである「地(じ)」は、笛の奏する四クサリからできている。地は一クサリごとに旋律が異なり、名称はそれぞれ「中(ちゅう)」、「干(甲)(かん)」、「干ノ中(甲ノ中)(かんのちゅう)」、「呂(りょ)」という。この型の地を「呂中干ノ地」といい、これを繰り返して、途中に目の「」を取る構成の舞を「呂中干形式の舞」という。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.