« 露 | メイン | 稀曲 »

頂頭懸


ちょうずかけ

烏帽子の上から掛けてあごの下で結ぶ紐のこと。赤地の金襴などを用いることが多く、頬の辺りで烏帽子の紐に絡げてからあごの下で結ぶ。本来は烏帽子の安定を増すためのものだが、舞台では晴れの場で威儀を増す装飾的な意味合いが強い。「頂頭掛」とも書く。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2019 CaliberCast, Ltd All right reserved.