« 果報者 | メイン | 金襴 »

神作


しんさく

の作者の中で、特に古い時代の伝説的な作家のこと。またはその作者が打った(制作した)とされる古のこと。1797(寛政9)年に喜多流9世の喜多七大夫古能(1742-1829)が著した『仮譜』は、神作として聖徳太子、淡海公、弘法大師、春日をあげ、なお「右之外 十作ヨリ以前之作ヲ神作ト云」と述べている。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.