« 神作 | メイン | 静烏帽子 »

金襴


きんらん

紋織物の一種。金糸(色糸を加えることもある)を用いて模様を織り出した絢爛豪華な織物。能装束に多く用いられ、素材は絹が多い。金襴の技法は桃山時代に中国から堺に伝わり、その後、京都の西陣で織られるようになった。現在でも西陣には機屋が多く、盛んに生産されている。銀糸で織る場合は「銀襴(ぎんらん)」という。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.