« 鏡扇 | メイン | 十作 »

太刀


たち

刃長が2尺(約60センチ)以上の日本刀で、主に源平の武将や公達(諸王、王家の一族)等の役に用いる。柄や鞘の一部を錦布で包み、その上を組紐等で巻いた「陣太刀」様式を使うことが多い。演出意図により「衛府太刀」などを用いることもある。本来の太刀取りに太刀緒(太刀紐)を通して左腰にぶら下げるが、舞台では腰に固定させるため、鞘に直接絡げた太刀紐を腰に巻きつけて佩(は)く。狂言の大名や主などが用いる場合、多くは手に持つが、所有者自身の太刀は左手に持ち、家来が主人のものを持つ場合は服従を示して右手に持つのが決まりである。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.