« 太刀 | メイン | 能面 »

十作


じっさく

古い時代の打(作者)の格付けのひとつで、南北朝から室町時代に活躍したという10人のこと。「神作」に次ぐ名工とされる。また、その作者が打った(制作した)と伝わる古のこと。1797(寛政9)年に喜多流9世の喜多七大夫古能(1742-1829)が著した『仮譜』は十作として、日光、弥勒、赤鶴、辰右衛門、日氷、夜叉、小牛、越智、文蔵、徳若をあげる。伝書によって人物に多少の違いがあり、石王兵衛や三光坊をいれることもある。日光は僧、弥勒は仏師でを打ったとされ「神作」に近いが、赤鶴以下は実在した打とされている。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.