« 割紐 | メイン | 腰蓑 »

下掛け


したがけ

女役の(かつら)をつける際に用いる絹の平紐。結ったが崩れないために用いる。を結う際、頭の上半分を整えたところで演者の眉間に紐の真ん中を当て、頭の後ろで結び、次にの下半分を整えて首の後ろで束ねる時にと一緒に元結でまとめることが多い。役によって下掛けを外すこともある。幅は1.5センチほど、長さは160センチ程度、色は黒が基本で、に合わせた色を用いることもある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.