« 三卑賤 | メイン | 太刀紐 »

針畳


はりだとう

装束を着ける際に用いる裁縫セットのこと。糸、針、和鋏などを収めているので「糸針(いとはり)」とも言う。櫛などの結髪道具を入れることもある。装束の着装にあたっては、要所要所を糸で綴じ付けて着崩れを防ぐが、装束の生地は厚く緊密に織られているため、針は布団針のように太く長いものを用いることが多い。糸は滑りが良い絹の穴糸が多く使われ、それをなお丈夫にするため、針に通した糸をより合わせて使う。糸の色は装束にあわせて白・黒・朱など数種類を用意する。屋で用いるものだが、表地には装束の余り裂などを使った華やかなものも多い。内側の針山の中には綿、もしくは油分で錆を防ぐために髪毛の束を入れることもある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.