« 鉄輪戴 | メイン | 尉元結 »

鉄輪


かなわ

能「鉄輪」に用いる小道具鉄輪とは、鉄で作る三脚の五徳(鍋などを火の上で支える器具)のことで、平安時代ごろから呪詛のひとつである「丑の刻参り」でも用いられた。丑の刻参りでは、上に向けた三つの脚に蝋燭を立てて火を灯すが、能で用いる鉄輪もそれを模している。戴の下部・環の部分には絹の紐をつけ、顎下で結んで頭部に固定する。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.