« 福王流 | メイン | 申楽談儀 »

合掌


がっしょう

能狂言の型のひとつ。対象を尊んで崇める時や弔う時に行うもので、両肘を軽く張るようにして両腕を胸の前に出し、開いた両手の指先を合わせる。手になどの持ち物がある場合は、先端を肘の方に折り返す。似た型の「達拝(立拝)」は、一種の拝礼、敬意の表現で、両肘を強く張り、握った両手を合わせて額の前に高めに出すもので、神男舞などの冒頭、ワキの名ノリの後などにある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.