« 長物 | メイン | 初面 »


おの

能狂言の小道具のひとつ。は刃物の一種で、木を切ったり、割ったりするための道具。能「谷行」ではシテの伎鬼神が手にして出、立木を薙ぎ払う。狂言では「朝比奈」のシテ・朝比奈が持つ七つ道具や、「髭櫓」のシテ・夫と戦う女たちが各々持つ長道具などに見られる。小形のものは(よき)、大形のものは鉞(まさかり)という。鉞は小道具としては用いられないが、その力強い形や、古来、神の象徴や神器としても神聖視されたことから、能装束のモチーフとなっている例がある。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.