« シカケ | メイン | 式三番 »

大小前


だいしょうまえ

舞台上の置を示す名称のひとつ。4本の柱に囲まれた三間四方の本舞台を、縦横それぞれ3等分し、9つのマスに区切ったとき、舞台の正奥を大小前という。大鼓小鼓の前にあたることから名付けられている。舞台の真正であることから、演技にも鑑賞にも重要な置である。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.