« 大小前 | メイン | 身ヲ直ス »

式三番


しきさんばん/しきさんば

「能にして能に非ず」と言われる神事・祈祷曲。「」と呼ぶことが多い。おもに正月や慶事に上演され、天下泰平・国土安穏・五穀成就などを祈念する演目。「式三番」の構成は、「父尉」「翁」「三番猿楽(後の三番三・三番叟)」からなる三老翁の祝祷舞の総称であったが、室町時代以後は「父尉」が演じられなくなり、現在は通常、〈諸役の登場〉、〈露払いの舞(千歳)〉、〈白い翁による祝言・祝舞(翁)〉、〈地固めの舞と黒い尉による祝言・祝舞(三番三/三番叟)〉の構成となっている。様々な面で通常の能や狂言とは異なった特殊なもので、あくまで神事のため、すべての演者は精進潔斎をして臨む。

the能ドットコム 本サイト

クレジットお問い合わせ運営会社
Copyright© 2022 CaliberCast, Ltd All right reserved.